「ひとりごと。」 (6)

イバライガーは、初めて私の目の前に現れた、本物のヒーロー。


TVのヒーローは、ショーで見たりもできるけど、決して本物ではなくて。

どんなにかっこよくても、それは本物ではなくて。




でもローカルヒーローは、目の前にいるそれこそが「本物」。

 


私にとって、イバライガーRはただひとり。

大人の事情で、いつもと違うイバライガーRだったりすることもあるけど、「今日は違ったね。」なんて子ども達と話しながら、それはそれでいいと思っていました。


 
 

でも、イバライガーが「キャラ-1 GP」の準レギュラー?

それは何かが違う気がする。
ローカル局の番組とは違うんだから。



TVのイバライガーしか知らない人は、「本物の」イバライガーはTVのイバライガー。

TVでイバライガーを知った人も、「本物の」イバライガーはTVのイバライガー。



それって、東映のヒーローと何が違うの?

ローカルヒーローであることの意味は?

 

 

興味を持ってもらうきっかけとして考えればいいだけなのかもしれないけど・・・。

でも、「TVのイバライガー」にはなってほしくない・・・。





作り上げる側の苦労は、計り知れないと思います。

私たちが見ているのは、そのほんの一部に過ぎないこともわかっています。

 

私にはこんなことを言う権利はないのかもしれませんが、でも、こんな風に感じている人がいることを知って欲しいとも思う。



これを読んで、ご気分を害されたら申し訳ありません。

聞き流してくださってかまいません。

 

でも、私の今の正直な気持ちとして書かせていただきました。

 
 
 
 

 

  

にほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へにほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ ローカルヒーローへ

| | コメント (6)

「ひとりごと。」 (5)

ある時、イバライガーRがTV東京の番組、ピラメキーノに出演するということを聞きました。





全国放送にイバライガーRが!? (TV東京は全国放送じゃないのかな?)

すごい!

これでイバライガーRを知ってくれる人も増えるだろうし。
とってもとっても楽しみ!





中に入っている人はTV東京側の人だろうし、設定も違うみたいだけど、それはそれでいいのかな、なんて思っていました。


そして二度に渡るイバライガーRの出演。

明らかに本物の「イバライガーR」とは別物だったけど、それはそれで割り切って見ていました。

 






そしてその後に始まった「ブラック編」。


トーナメント?

これから何度も出演するの?

 
 





なんか・・・・・・違う。

 
 












「ピラメキーノという番組の、『キャラ-1 GP』というコーナーの準レギュラーとして・・・」

 
 
 
 
 

「これからイバライガーも全国区に・・・」









 
 
 
 
 

なんか違う!

 
 
 
 
 






イバライガーRが有名になることは、寂しいことではあるけれど喜ばしいことで、でも、何かが違うような気がして・・・。

 

 

このモヤモヤした気持ちは・・・。

 
 
 
 

 

  

にほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へにほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ ローカルヒーローへ

| | コメント (17)

「ひとりごと。」 (4)

さて、日々の出来事や思ったことなど、気分で書いていたこのブログですが(今でもそうですけど)、その中のひとつとして書いていたイバライガーのこと。


そんなに深くは考えずにただ書いていただけのブログに、ある日、スタッフの方からコメントが入りました。

 

これは私にとって、とんでもない大事件でした。

 

ずっと憧れていて、でも、眺めていることしかできなくて(握手はしてもらってましたけど)、そしてこれからもずっとそうなんだろうと思っていた「向こう側」の人からのコメント。

嬉しいやら恥ずかしいやらで、それはもう大騒ぎでした。


先方からしたら、そんなにたいした意味はなかったのかもしれませんが、私にとっては、とても特別なことで。


そして、その後にあったショーでお声をかけていただいて。

まさかこんなことが起こるなんて。

その他大勢として見ていることしかできないと思っていたのに、スタッフの方と言葉を交わせるなんて、考えてもみませんでした。

そしてこの時のことは、ずっと大切に思っていました。
私にとっては、あり得ないほどの特別な出来事でしたから。



ところで今でも不思議に思っているのは、なぜ名乗り出たわけでもないのに、ブログを見ただけで私がわかったのかということ。
顔写真なんかは一切載せていないのに。
嬉しそうに握手を求めるお母さんは少ないからでしょうか。(しかも毎回)


 
 
 
 

このことがあって、少しずつスタッフの方々とお話できるようになって。

もちろんイバライガーRは私の憧れではありますが、それと同時に一緒にイバライガーRを作っているスタッフの方々も私の憧れで。

 

手が届かないと思っていた方達とお話できるようになったことが、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

 
 
 
 

 

  

にほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へにほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ ローカルヒーローへ

| | コメント (4)

「ひとりごと。」 (3)

初めてのイバライガーRショー。


やっと見られる日がやって来ました。

嬉しい!



最前列のはじっこに座って、その時が来るのを待つ私たち。

 

そしてショー開始。

イバライガーRの登場です。

 

 

 







えぇっ!

なにこれ!なにこれ!!なにこれ!!!



こんなの、見たことない!!!!!!!!








そう。
私たちはヒーローショー大好き家族。

それまでさんざん、あちこちのショーを見に行っていました。
この頃は、そろそろヒーローショーも卒業していた頃でしたけど。

 

 

でも、こんなの今まで見たことない!


 

動きが全然違う!

ポーズのキメ方が全然違う!


さらにそのスタイルの良さ。

そして、表情のないマスクで表情を作る、伊藤慎さんを彷彿とさせる少しうつむきかげんのきれいな立ち姿。(だんだん話が怪しくなってきたぞsweat02


でも実は、この時一番感動したのは、バク転でもアクションでもなく、主題歌に合わせて踊る時。

「構えてキック!」です。


全然軸がブレない!

やっぱり普通の人とは全然違う!







あまりのかっこよさに、私も子ども達も一目でファンになってしまいました。

 
 
 
 

 

  

にほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へにほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ ローカルヒーローへ

| | コメント (0)

「ひとりごと。」 (2)

イバライガーがいなくなってしまって、とても悲しかったし、また、楽しい事がなくなってしまって、とても寂しく思っていました。
それは子ども達も同じ気持ちだったようで。

 

そんな中、イバライガーを「イバライガーR」として復活させようという動きがあることを知りました。

 

それを聞いて、とても嬉しかったし期待もしていたけれど、初代イバライガーとは変わってしまうことへの不安もちょっとあり・・・。

 

そして復活に向けた活動を記したブログがあることを知って、こっそり読ませていただいていました。

読んでいるうちに、どうしても何かひとこと言いたくなって、でも「ぷいぷい」だと分かる人には分かってしまうので、たった一度だけ、こっそり別のHNでコメントを入れさせていただきました。

これは家族にも言っていなかったことで・・・。
恥ずかしいですね・・・。

 

そのブログで、年末にショーがあることを知りました。



 

絶対見たい!

見に行かなくちゃ!


 
 

「中身の変わったイバライガーは、イバライガーじゃない!」とゴネる長男を説得し、当日、会場に行きました。


でも、この時のショーは、展示会の中で催されるもので・・・。

会場の前までは行ったものの、イバライガーRのためだけに来た私たちは、入ってもいいものかどうか・・・。

 

どうする?どうする?と、しばらく会場の前をウロウロウロウロ。

 

結局、「いつかまた、見られる機会があるよ。」と、中に入らずに帰って来てしまいました。



 
 

その後、復活ライブショーなどがあるわけですが、ちょうどその頃、家庭の事情(あやしげな響きですね)によりあまり時間がとれなくて、なかなかイバライガーRに会うことはできませんでした。

 

 

そして迎えたゴールデンウィーク。

やっとやっと、イバライガーRショーを見られる日が!

 
 
 
 

 

  

にほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へにほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ ローカルヒーローへ

| | コメント (0)

「ひとりごと。」 (1)

イバライガーを初めて知ったのは、常陽リビングに掲載されていたのを見た時。

 

ローカルヒーローのことを知ったのも、この時が初めて。
それまでは、ローカルヒーローの存在すら知りませんでした。

自分達でヒーローを作って活動している人達がいるんだということを、初めて知りました。

 

とにかくデザインがそれはもうかっこよくて。

おもしろそうだな、見てみたいな、と思いつつ、この時はそれだけで終了。





それからしばらくたった、2年前の今頃。

 

広告の片隅(だったかな?)に「イバライガー」の文字を見つけました。

 

 

これは前から見てみたかったイバライガー!!

絶対絶対、見てみたーーーーい!!!!!

 
 

そして家族を誘って、イバライガーショーへ。

初回から私が先導でしたねsweat02
おもしろそうなこと、大好きなもので。

 

この時は、「イバライガーのためだけに来ました」と言わんばかりの親子連れは私たちくらいのもので。
座席に座っていた人達も年配の方が多くて。
なぜか隣に座っていた方にいろいろと話しかけられて、あいづちを打ったりしていました。
ショーが始まる頃には、後ろの方に子どもの姿も見えましたけど。

 

そして、ショー開始。

まずは、MCのおにいさんの登場です。

 

観覧席に気合いの入っていそうな親子連れが他に見あたらなかったからでしょうか。

突然MCのおにいさんに「人とつきあう上で大切なことは?」と振られました。(記憶は定かではありませんが、こんな感じのことを言われました。)

まさかいきなりマイクを向けられると思わなかったので、完全に固まってしまった私。
でもおにいさん、何事もなかったように「はい、あいさつですね!」と進めていきました。

あの時は、盛り下げてしまってどうもすみませんsweat01


そしてジャークが登場した後、いよいよイバライガーの登場。

 

男らしい外見とは裏腹に、とても可愛らしい声のイバライガー。
なんなんだ、あの造形の素晴らしさは!

アクションは明らかに「せーの」と言いながらタイミングを合わせているような感じで、今にも声が聞こえてきそうでしたが、でもやっている人達がそれはそれは楽しそうで。

「自分達も楽しいから、見ているみんなも同じ気持ちになってほしい」と言っているようで(実際は違うかもしれませんけど)、見ていて楽しさが伝染してくるようで。

他にお仕事を持っているであろう大人達が、真剣に話し合ったり、衣装を作ったり、お話を作ったり、練習したりして一生懸命作り上げている思うと、とっても応援したくてたまらなくなって。

 

こういうことを真剣にやっている人達がいるということが、とても感動的でした。

 

この時、やっぱり他に気合いの入っていそうな親子連れがいなかったせいか、ジャークと一緒に踊るちびっ子として長男が選ばれました。
ジャークになるための第一歩です。長男。

 

最後には握手会がありましたが、初回から既にイバライガーに握手を求める母でした。
他のお母さん達は、遠目に眺めていましたけどsweat02


そして、もともとヒーローショー大好きな家族だったので、それ以来すっかりイバライガーにハマってしまいました。

 

別の時のショーでは、戦うシーンで花火を持って戦っていたりして(火花の代わり?)、「ちびっこがマネしたらイカンだろ!」とつっこんでみたりもしましたが、いつもそれはそれは楽しそうで。

それを眺めているだけの私は、「もし男に生まれてたら、向こう側に行けたのかな。」と、うらやましく思っていました。

 

 


それからしばらくした頃。

うちのすぐ近くのショッピングモールに、イバライガーが来るという情報が。

 

絶対絶対、自転車で会いに行こうと、カレンダーに書き込んで楽しみにしていました。

そしてカレンダーを見るたびに、あと少し、あと少しと思っていました。

 

 

 

その時が近づいてきたある日。

 

 

イバライガーは突然いなくなってしまいました。

 
 
 
 

 

  

にほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へにほんブログ村 
地域生活(都道府県)ブログ ローカルヒーローへ

| | コメント (7)

映画を観に行きました。

映画を観に行きました。

 

何の映画かというとですね。

 

 

 

 

 

 仮面ライダーダブル&ディケイド MOVIE大戦2010

 
 
 

 Xmas09_1

 
 
 
 

冬休みにいっちょ子ども達を映画にでも連れて行ったろうかと思い、前売りを買っておきましたが、よく考えてみるとまだ冬休みじゃないじゃないか!

まあね・・・。
私も観たかったことだし、別にいいんだけどね。
基本的にヒーロー好きですから。

でもやっぱり、一番好きなのはイバライガー。
だって、TVのヒーローは本物に会えないんだもん。
TV出演もいいけど、手の届く存在であってほしいです。ローカルヒーロー。

 

 
 

そして、映画を観に行ったイオン土浦。

 

な・ん・と、今年はもう会えないと思っていたイバライガーRが!

 
 

Xmas09_2  

 
 

うわぁ〜ん。
嬉しいよ〜ぅ。

子ども達はイバライガーRに握手してもらったり、いじくりまわしてもらったりしていましたが、なんともうらやましいぞ!
気がつけば握手してもらいそこねているじゃないか。

いいなぁ、いいなぁ。
子どもはいいなぁ。
サンタさんだって、子ども達のところにしか来てくれないし。

でも、会えただけでもとっても嬉しかったので、帰りは笑いながら運転している変な人になってましたけど。

 

 
 

そして、帰ってからはちょっと早いクリスマスパーティー。

パーティーというほどのものじゃないんですけどね。
ケーキを食べるだけだし。

今年は、イオン内のケーキ屋さんで予約しておいたクリスマスケーキ。
 

 
 

Xmas09_3  

 
 

ちょっと小ぶりな1回食べきりサイズです。

上に乗っているサンタさん。
仮面ライダーダブルのように、真ん中から割って長男が左、次男が右を食べるなんて言っていましたが、こんなもん、真っ二つになんて割れませんよ。

 

 

Xmas09_4  

 

 

あぁ・・・・・。

なんて見るも無惨なサンタさん・・・。

 

誰だよ、真ん中から割ろうだなんて言ったの・・・。

 

 
 
 
 
 
 

大人にはサンタさんは来てくれませんけどね。

今日はちょっと早いクリスマスプレゼント・・・というわけではありませんが、思いがけずイバライガーRに会えたことがとても嬉しくて。

次に会えるのは1ヶ月以上先かなぁ、と思っていたので、なおさらです。

これといって楽しい事があるわけでもなし、つまらんの〜ぅと思っておりましたが。

 

 

まだ年賀状も作っていなくて、ぜんぜん年末気分になぞなっておりませんが、なにはともあれ来年もいい年になりますように。

 

 

 
 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ ローカルヒーローへ

| | コメント (5)