« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

まつりつくば2009 ふつかめ * そしてまたイバライガーに会いに行ってきました。

まつりつくば二日目。

台風の影響か、朝から雨が降ったり止んだり。

 

この日もイバライガー、まつりの最中に現れるようですが、でも雨が降ったら出てきてくれないかなぁ。

人ごみ苦手だし、どうしようかな。
行こうかなぁ。
やめとこうかなぁ。

 

さんざん迷ったけれど、この日を逃したらしばらくイバライガーに会えなくなってしまうかもしれないので、ひととおり探して会えなかったらあきらめることにして、ちょっとだけ行くことにしました。

 

到着は、お昼を少し過ぎた頃。

 

子ども達は「今日はエキスポセンターに行きたい!」と言うので、会えるか会えないかわからないイバライガーを探すためにただ歩かせるのも可哀想だし、子ども達はエキスポセンターへ、そして私はまつりつくばに行くことにしました。

 

ただ、あてもなくお祭り会場の中を歩き回る私。
こんなことしてたって、会える確率なんてかなり低いのに。

 

赤い服の人を見るたび、つい反応してしまいます。
そしてそのたびにがっかり。

 

やっぱり会えないんだよね・・・。
一回りして会えなかったら、もうあきらめよう。

 

 

ところが!

 

会えました!イバライガー!

 
 
 

        ハイパーです!!!

 
 

Matsuritsukuba2_1  

 
 
 

会えたよ〜。イバライガー。
会えると思ってなかったよ〜。

 

 

 

思いがけず会うことができたイバライガー。

 

今日こそは握手してもらうぞ!と思っていたのに・・・・・

 

     子どもがいないと、

     なんて近寄り難いんだ・・・・・。

 
 
 
 

まるで透明な厚い壁があるかのよう。
今までは子どもをダシに一緒に握手なんかしていただいていましたが、子どもがいないと、近寄ることさえできないのか・・・・・。
それでなくても、お祭りに一人で来ている寂しい人状態になっているっていうのに。

 

直接声をかけられない私。
そこで、近くにいたスタッフのおねえさんにお願いしました。

するとおねえさん、「ハイパーさ〜ん!」とイバライガーを呼び止めてくれました。

ありがとう!
おねえさん。

 

おねえさんのおかげでハイパーさんと握手していただくことができました。

このためだけに来たんだもんなぁ。
感激です!

 

おねえさん、「『R』じゃなくて、『ハイパー』です♪よろしくお願いします♪」とおっしゃってました。

うんうん。
首元に「HYPER」って書いてあるもんね。

 

 

Matsuritsukuba2_2  

 
 
 

その後、ハイパーさんの後をつけまわしたい気持ちがありましたが、そんなことをしたら「さっき握手したおかしな人、ず〜っとついてくるよ。」と言われ、警備員さんに連行されてしまうかもしれないので、去ってゆくハイパーさんの後ろ姿を見送り、子ども達のいるエキスポセンターの方へ向かいました。 

 

そして合流した子ども達にハイパーさんに会ったことを教えると、「えーーー!!!ずるい!!!」と言われました。

予想通りの反応だよ。

 
 

「ぼく達も会いたい!」と騒ぐ子ども達。

しかしその頃、雨が止んだかと思えばまた降り出すような不安定な天候だったので、たぶん会えないだろうなと思いつつ、一回りして会えなかったらあきらめる約束で、ちょっとだけ探してみることにしました。

まだ昼食を食べていなかったので、途中でおそばを食べたりしつつ、きょろきょろとイバライガーを探し回る私たち。

やっぱりいないね。
お天気も悪いし、そんなにずっといるわけないんだよね。

 

そして、ステージの上近くを通った時、ふと下を見下ろすと仮面ライダーディケイドショーが始まるところでした。

イバライガー以外のヒーローショーなんて何年ぶりだろう。
ちょっと見ていこうかな。

 

 

Matsuritsukuba2_3  

 
 

ステージまでは多少距離があったため、ちょっと見えにくくはありましたが、上から見ていると、観客の様子がよくわかります。

私たちもあんな感じなのかな。
観客の様子を離れたところから見るのなんて、初めてだよ。

子ども達に「もっと近くに行って見る?」と聞いてみましたが、「イバライガーじゃないから、いい。」という返事。
さすが私の息子だ。

 

途中、雨が激しくなったりもしましたが、ステージはかなり盛り上がっていました。

 
 

結局、最後まで見ちゃいました。
観客の反応を見ているのも楽しかったですしね。

 

イバライガーに会えたのは、結局あの時だけ。
子ども達は「いいなぁ。いいなぁ。」を連発していました。

まぁ、いつかまた会える日が来るさ。

夏休みが終わると、会う機会も減っちゃうけどね。

 

 
  

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

まつりつくば2009 いちにちめ * イバライガーに会いに行ってきました。

まつりつくば。

初めて行ってみました。

そう。
ただ、イバライガーに会うためだけに。

 

まつりつくば一日目。

歩行者天国が始まる前に、イバライガーRがトライク(三輪バイク)でパトロールをするとのこと。

これはぜひ見なくては!
ず〜っと前から、見たかったんですよ。

しかしながら、いったい何時頃、どの辺りをパトロールするのか、まったく見当がつきません。
しかたがないので、だいたいの当たりをつけて、待って、待って、待ち続けました。

会えるか会えないのかわからないのに待ち続けるなんて、まるで好きな先輩を校門で待ち伏せする女子中学生のようです。

 

でも、場所が違うのか、時間がいけないのか、待っても待ってもイバライガーの姿は見えません。
もう1時間以上も経ってるよ・・・・・。

やっぱりこんなところで会うのなんて、無理な話なのかな・・・・・。

 
 

泣きそうになりつつ、あきらめて場所を変えようかと歩き始めると、道の反対側に・・・・・

 
 

Matsuritsukuba1  

 
 

       イバライガーだ!!!!! 

 

 

 

 

よかった〜。
会えたよ、イバライガー。
よかったよーーーーー。       (ρ_;)

 

もう、「嬉しい」でも「かっこいい」でもなく、ただただ「よかった」。

 

 

会えないかと思ってたよ。
よかった。

 

もうダメだと思ってたのに。
よかったぁ。

 

やっとやっと、やっと会えたよ。
よかったーーー。

 

 

もう、ほんとによかった。
うんうん。

泣きそうだよ。
よかった、よかった。

 

 

写真を撮りつつも、近寄ることもできず、握手を求めることもできず、ただただ、「よかった」。

もう、他のことは考えられませんでした。
あぁ、よかった。

 

 

Matsuritsukuba2  

 
 
 
 

しばらくして、走り去ってしまったイバライガー。

それからも、この周辺を何周か回っていたので、その後も何度かトライクで走るイバライガーの姿を見ることができました。

 

 

Matsuritsukuba3  

 
 
 
 
 
 
 

そして、夜にはねぶたパレードです。

ここにももちろん、イバライガーR。

 

Matsuritsukuba4  

 
 
 
 

やたらと動きがジャーク隊長っぽいジャーク怪人

 

Matsuritsukuba5  

 
 
 

う〜ん、暗くて全然写真が撮れないぞsweat02

 

ダマクラカスンと密談するイバライガーR。

 

Matsuritsukuba6  

 
 
 
 

そしてなぜか、イバライガーRがふたり!?

 

Matsuritsukuba7  

 
 

そして、見たことのない青ジャーク

みどりジャークの膝に、だいぶ穴があいてきたからかな?
新しいジャークを作ったんでしょうか。

 

 

いや、なんかもう、人が多くてね。

人ごみ苦手なんです。

 

ねぶたが動き出して、去ってゆくイバライガーRの背中を見送った後、私たちものそのそと帰ってきました。

 

どうせ私は人ごみ苦手で、田舎でしか暮らせない人間ですよ〜。

 

 
  

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

ひたちなか祭り * そしてまたまたイバライガーRショーです。

どんだけイバライガーRを観に行けば気が済むのかというくらい、連日イバライガーRです。

 

23日、日曜日。
ひたちなか祭りに行きました。

 

とても大々的なお祭りのようで、かなり広い範囲が歩行者天国となっています。

こんなに広いと思ってなかったぞ!
これじゃ、ショーをやる場所がどこだかわからないじゃないか。

ここまで来て間に合わなかったら、悲しくて悲しくてまた立ち直れなくなってしまうので、祭り第2本部で場所を聞き、きょろきょろしながら会場に向かいました。

 

おっ。
あれかな?

 

おそらくショーが行われると思われるトラックステージを発見。

すると、なんと素のままでリハーサルをしているじゃないですか!
ラッキーーーーー♪

見ていることがバレると恥ずかしいので、物陰からニヤニヤしながら眺めておりました。(←やっぱり不審者)

こりゃ、ええもん見たわい。  (*゚∀゚)=3 ムッハー!!

 

しばらくのぞき見しつつ、人が集まってきた時を見計らって私たちもステージ前に移動しようかと思っておりましたが、ショー開始5分前になっても、なかなか人が集まってきません。
今日は観客、少なめかなぁ。

その頃になってもステージ前はスカスカだったので、とりあえず前列のはじっこに座ってみました。

そしてショーが始まるのを、今か今かと待っていましたが、始まる直前、ふと後ろを振り向くと、いつの間にやらたくさんの親子連れが!

 

いっ、いつの間に・・・・・!

 

すみません。
小さいお子さま連れじゃないのに、最前列なんかに座ってしまって。
みんな、他の人が集まってくるのを待っていたんだね・・・・・。

誰かが座れば、それにつられてみんな集まってくるんですね。
常に周りに気を配っていないといけませんね。
以後、気をつけます。

 

 

そんなこんなで、微妙に小さくなりつつ、ショーの始まりです。

 

今回もT.D.Fが登場です。

でも、今回は「虎塚・ディフェンス・フォース」だそうで。
アルファベットって、便利ですねぇ。

 
 

Iba0823_1  

Iba0823_2  

Iba0823_3  

Iba0823_4  

 
 
 

ストーリーは、前日に観たものと一緒。

違うのは、イモライガーさんがいらっしゃらないのと、ジャーク隊長が登場したことかな。

同じストーリーだっていいんですよ。
何度観たってかっこいいんだから。

今日もありがとう。イバライガーR!

 
 

   「君たちひとりひとりが、地球を救うヒーローなんだ!

    明るい未来を共に作ろう!」

 
 
 
 

        オーーーーーーーーー!!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

     って、誰もやってないじゃないか!

 
 
 
 
 
 

やってるの、私たち3人だけかい!
恥ずかしさ100万倍じゃないか!

こういうのは、照れちゃいけません。
照れちゃいけないんですけどね・・・・・。   (/ω\)ハズカシーィ

 
 
 
 
 

さて、ショーが終わってからは、うちわの配布と握手&撮影会。

なんと、そこには長蛇の列が!
しかも、通りすがりの人達が皆、「あっ、イバライガーだ!」と言いつつ通り過ぎていきます。

イバライガーの知名度高いなぁ。ひたちなか市。

どんどん列に並ぶ人が増え、なかなか列が短くなりません。
すごいぞ!この人気。
今日も握手できないかなぁ。

 

 

Iba0823_5  

 
 

そんなことを考えつつ、やはり怪しい視線を送っていましたが、子ども達が「握手してもらってくる!」と、列に並びに行きました。

まったく、子ども達がそう言うんだったら、しょうがないよね。
うんうん。

と、子ども達のせいにしつつ、私も一緒に列に並んでみました。

すると、MCのおねぇさんがうちわをくださいましたが、すでにこの日は家族の人数分うちわを受け取っておりました。
この一家だけで、貴重なイバライガーRうちわをたくさんいただいてしまっても申し訳ないのでお断りしたところ、「うちわ、ふたつはいらないかな?」とちょっと困った顔をされました。

 

すみません!おねぇさん。
ふたつどころか、もっと持ってるんです!
そりゃ、10コでも20コでも欲しいですけどね。
欲しいですけど、欲望のままに生きちゃいけないと思ったわけですよ。
いや、欲望のままに生きてますけどね。

 

そして、イバライガーRと握手する子ども達。

 
 
 

       私にも握手してください!!!

 
 
 

そりゃあ、握手を求めるお母さんはそんなにいないかもしれないですけどね。
でもでも、さみしいじゃないか!

それでも子ども達とイバライガーの間に割り込んで、握手していただきましたけど。
ま、こんなにたくさん人がいたら、お母さんの相手までしていられないのでしょうが。

 

んまぁ、そんなことがありつつも、 shine 嬉しいことてんこもり shine で、この日もニヤニヤしつつ帰路につきました。

詳しいことは教えませんけどね〜。へっへっへ〜。

 
 
 

スタッフの方々、この日も忙しそうにず〜っと動き回っていらっしゃいました。
そしてその気配りの素晴らしさときたら、頭の下がる思いでございます。

私はどうにも気が利かない人間なので、スタッフの方々を見習わなくてはならないと、常々思っております。
ま、私が気が利かないのは母親似なので、今更どうしようもない気もいたしますが。

 
 
 
 

イバライガーRさん、スタッフの皆様、暑い中、連日お疲れ様でした。

 

本当に、本当に、本当に、心より感謝申し上げます。

 

どうもありがとうございました!!!

 

 
  

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

環境科学センター夏まつり * やっぱりイバライガーRショーです。

この夏休み。
わが家が普段行かないところに行くといったら、やっぱりイバライガーRショーに決まっています。

今年はイバライガー三昧だ〜♪

 

ほとんど「ストーカーかい!」というくらい追いかけ回しておりますが、しばらく会えないとエネルギー切れを起こしてしまうので、必要なんです。補給が。
夏祭りシーズンが終わったら、エネルギー切れが心配だなぁ。

 

なにはともあれ、ショーの開催です。

これだけせっせせっせとイバライガーRショーに通っているというのに、やっと初めてお目にかかることのできたT.D.F。

 

 

Iba0822_1  

 
 
 

「土浦・ディフェンス・フォース」の略だそうですが、あれ?「土浦」じゃなくて「つくば」じゃなかったの?

Dr.ナダレンジャーの前座さんも、その都度名前が変わることだし、ま、いっか。

 

そんな感じで(←どんな感じ?)、イバライガーR見参!

 
 

Iba0822_2  

 
 

バク転で登場するたび、思わずアホ面で「かっこえぇの〜ぅ。」とつぶやいてしまう私。

つぶやかずにはいられんのです。ほんとに。

今日の敵は、ダマクラカスン。
敵ながら、デザインがやたらとかっこいいぞ!

 
 

Iba0822_3  

 
 
 

今回はゴミの分別のお話。

ダマクラカスンに洗脳されてしまったT.D.F。
ピンチに陥るイバライガーR。

でもやっぱり、こんな感じで。

 
 

Iba0822_4  

 
 
 

今日もかっこよかったよ、イバライガーR。

ありがとう。イバライガーR。

 

 
 

  「君たちひとりひとりが、地球を救うヒーローなんだ!

   明るい未来を共に作ろう!」

 
 
 

        オーーーーーーー!!!

 
 

Iba0822_5  

 
 

はい!
ここ、みんなでこぶしを挙げて、「オー!」と言うところです。

恥ずかしがらずにやりましょうね。
私だって、恥ずかしいけどやったんだから。

 

そして最後はやっぱり 「イバイバ〜イ」。

 
 

Iba0822_6  

 
 
 

つい笑っちゃうんですよね。

なかなか慣れないなぁ。イバイバイ。

 

そしてショーの後は、握手や撮影に応じるイバライガーR。

そしてやっぱり、それを微妙な距離から見つめる私。(←不審者)

そして、イモライガーさんとくつろぐ子ども達。

 
 

Iba0822_8  

 
 
 
 
 

今回の画像は、都合により次男による撮影ですが、もしかして私より上手いかも。
たくさん撮ってくれましたから。

私はショーの時は、実はそんなにたくさん撮らないからなぁ。
ありがとね。次男。

 

その後イバライガーR、センター内を練り歩いていましたが、それをつけ回すアヤシイ私たち。

「ほら!勇気をだして言いなよ!」と、まるで初めて告白する中学生のように後ろから子ども達にぐいぐい押されつつ、「ポーズをとってください!」とお願いしました。

 
 

Iba0822_7  

 
 
 

かっこいい・・・・・けど、

 

        後ろに人、多すぎ!!!

 
 
 
 

この日も朝っぱらからケータイの待受画面(←イバライガーR)をムリヤリ見せて、「今日、好きな人(人じゃないけど)に会いに行くんです〜。」などと、プチ普及活動に努めて来ました。
「なに・・・?コレ?」と、怪訝そうな顔をされましたけどね。

そろそろ新しい待受にしたいと思っていたところで、ぜひ、使えそうな新しい画像を!と思っておりましたが、これはちょっと・・・・・。

次男がたくさん撮ってくれたショーの画像の中に、よさそうなのが数枚あったから、今度はそれを使うことにしよう。

 

ま、そんなわけで、日に日に怪しさが増していく自分に少々あせりつつも、 元気をめいいっぱい補給することができました。

 

イバライガーRさんにも、イモライガーさんにも、そしてもちろんIHPの皆様にも、いつもいつも涙が出るほど感謝しております。

出入り禁止にならないよう、怪しい行動はなるべく控えるようにいたしますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

そういえば、握手してもらいそこねちゃったなぁ。 (´・ω・`)

 

 
  

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

| | コメント (4)

第7回さとみ夏まつり * またまたイバライガーRショーに行ってきました。

昨日のこと。

 

「私、イバライガーが好きなんですよ〜。」という話をすると、「そういうのが好きそうには見えないけど・・・。意外!」と言われました。

 
 
 

いや、でも、 

 

   見るからにイバライガーが好きそうな人って

 

        ど ん な 人 !?

 
 
 
 

 

 

そんな疑問を抱きつつ、第7回さとみ夏まつりにまたまたイバライガーRショーを観に行ってきました。

  

常陸太田市での開催ということで、むか〜し水戸に住んでいた頃は、常陸太田の辺りもたま〜にぷらぷらしていたので、そんなに遠くないんじゃないかと思っていましたが、

 

いつの間にやら常陸太田市


  やたらと広くなってるじゃないか!

 
 
 

こんなに遠いと思ってませんでした。
甘く見てましたよ。
平成の大合併で、どの市町村も広くなってるんだね・・・・・。

しかも、高速道路も途中渋滞していて進まないし。
「帰省ラッシュたいへんだね〜」と、新聞やテレビで見ていつもつぶやいていましたが、まさかこんな形で自分が体験することになるとは。
混むところはあまり好きじゃないので、お盆やらGWやらは遠出したことがないもんで。

 

でも、かなり早めに家を出たので、到着も少々早め。
しばらく周辺を散歩することにしました。

山や田んぼに囲まれた風景。
れんげがたくさん咲いていて、とてもきれいでした。

 
 

Satomi1  

Satomi2  

Satomi3  

 
 
 

子ども達は、カエルをつかまえたりトンボを追いかけたりして大喜び。

田んぼの形状は若干違うものの、一瞬、実家にいるような気分になっちゃいました。

 
 

そして空が暗くなる頃、イバライガーRショーの開催です!

ステージが若干暗いため、どの画像もボケボケ。
あまり使えるものがありませんsweat01

撮影するよりも、この眼で見ていたいというのもあるんですけどね。

 

 

Satomi4  

Satomi5  

Satomi6  

 
 
 

途中、ジャークの今後の繁栄のために、未来のジャークとなるべき仲間を募集していましたが、見事選ばれた長男。

ジャークと一緒にダンスを踊って、イバライガーRサイン入りうちわをいただきました♪
でかした!長男!

長男は、大きくなったらジャークになりたいと言っているので、まさにジャークオーラが出ていたのでしょう。
将来ぜひ、この長男をジャークの隊員にしてやってください。
その時も全力でイバライガーRを応援しますので。

 
 

それにしても、里美の人達のノリのいいことったら。

今回初めてイバライガーを知った方々も多いようですが、子どもから大人までかなり盛り上がっているようでした。
こういう様子を見ると、私まで嬉しくなっちゃいます。

ショーが終わってからも、たくさんの人達に囲まれていました。

 

私たちは今までに何度も握手や写真撮影をしていただいているので、一応、少しは遠慮することにして、微妙に離れたところからその様子を見ていましたが、近づいてくるわけでもなく、ニヤニヤしながら妙な視線を送っている私って、

 

       逆にアヤシイですか!?

 
 
 

いや、別にアヤシイ人を演出していたわけではなく、こんなに盛り上がっている地元の方々とのふれあいを大切にした方がいいのではと思ったわけでしてsweat01
私だって色々と考えているわけですよ。
ただ、空回りしてるだけで。

そんな地元の方々とのふれあいの中で、イバライガーR、浴衣のキレイなおねぇさんの肩を抱くなどのサービスをしてましたよ。
そんなサービス、今まで見たことないぞ!

 

どうせ・・・・・。
私は若くもなければキレイでもないからね・・・・・。ヘッ。

 

少々やさぐれモードに入ってしまいましたが、帰り際、な・ん・と、

 

    私も肩を抱いてもらっちゃいました!!!

 
 

実は前日あまり寝てなかったので、帰りの運転が恐いなぁと思っていましたが、すっかり眠気が飛びました。
今こうして無事帰ってこられたのも、イバライガーRさんのおかげでございます!

すみませんね。
若くもキレイでもないのに。

他にも嬉しいことがそりゃもういっぱいありまして。
それは、私だけのムフフなヒミツにしておきますが。

まぁ、はるばる出向いた甲斐があったというものです。

 
 
 

    自分だけがよければいいという考えはいけないよ。

    他人のことを思いやる気持ちを持とう。
 

                           by イバライガーR

 
 
 

はい。

すみません。反省しますsweat02

 

 
  

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

イバライガーRさん、イモライガーさん、ジャークの皆さん、
そしてIHPの皆様、どうもありがとうございました!!!

| | コメント (0)

とにもかくにも、ありがとうございます!!!!!

実家から戻ってくる日。

 

その日にイバライガーRショーがあるのは知っていましたが、どうしても間に合わない時間での開催でした。

 

ギリギリまで「なんとか間に合わないかなぁ?」などとぐずぐず言っておりましたが、やはりどう考えても無理なので、泣く泣くあきらめました。

 

ところが先日、その時の画像がどこかにないかと探していたところ、なんと、午後3時からもショーがあったという情報が。

それだったら、なんとか間に合ったのに!

知らなければ幸せだったものを、うっかり知ってしまったがために、もう泣きそうです。

 
 

んもう、悲しいわ切ないわおみくじは大凶だわで、立ち直れません。

 
 

私の人生こんなもの・・・・・とやさぐれているところに、なんと、嬉しいプレゼントが

 
 
 

Otakara  

 
 
 
 

うわっ!!

めちゃめちゃスゴイ お宝 だ!!!

 
 

一気に 浮かれモード全開 です。

こんな笑顔初めて見たと言われるほど、ニヤニヤが止まりません。

 
 

いやぁ、不幸のどん底に突き落としてから、一気に天国のような幸せ気分にさせるなんて、

 
 

  shineshine なんて高等な恋愛テクニック。 shineshine

 
 
 
 

もう、惑わされっぱなしです。(←勝手に惑わされている)

 

見た瞬間から、近所中に響き渡る声で「スゲェ!スゲェ!!」を連発。

「かっこいいとか嬉しいとかないんか!」と言われつつ、しばらくは「スゲェ」以外の言葉が出ませんでした。
ほんとにすごいものを見た時の人間の反応なんて、こんなもんです。

一応エレガントマダムなんだから、言葉遣いに気をつけようね。

 

お宝ポスター、汚れたり折れたりしたらイヤなので、とりあえず家にあったパネルに入れましたが、近いうちにぴったりサイズのパネルを買ってこなくちゃ。

 

またしばらくは、ニヤニヤがおさまりそうにありません。(←あやしい人)

 
 
 

とにもかくにも、

 

  どうもありがとうございます!!!!!

 

 

 

 

  
  

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

さしまの夏祭り イバライガーRショーに行ってきました。

気がつけばもう8月。

この夏休み、カレンダーにはたくさん遊び予定が書き込まれておりますが、この週末も心おきなく遊ぶため、金曜日のうちに本業の方をがんばって一段落させました。

 

      と ・ こ ・ ろ ・ が !

 

ダメ出しされて、また図案から練り直しだよ・・・・・。

                                   _| ̄|○

 
 

かなりヤバイ状況に追い込まれておりますが、こんな遊んでいる場合じゃない時に、第37回坂東市さしまの夏まつりに行ってきました。

 

だって、だって、だって!

イバライガーRショー があるんだもん!!

 

ここのところ、ず〜っとイバライガーに会えなくて泣き暮れていた私ですが、この日が近づくにつれて、気がつくと顔がニヤニヤしているくらい楽しみにしていたのに、イバライガーに会えなかったら元気が出ないぞ!
なんたって、イバライガーは元気の素ですから。

 
 
 

というわけで、さしまの夏まつり。

 

Sashima1  

 
 

ステージが3カ所に設けられていて、イバライガーショーはそのうち2カ所で行われるそう。

帰りがちょっと遅くなっちゃうけど、久しぶりで楽しみにしていたことだし、こりゃあ、両方観てからじゃないと帰れません。
とりあえず本業の方は忘れて、おもいっきり楽しむことにしましょう。

早めに会場に到着したので、屋台のたこ焼きを食べたり、地元の方々のステージを観たりしつつ、その時を待ちます。

 

そしていよいよ、イバライガーRショー!

最初に登場したのは、もちろんイモライガー!!

 
 

Sashima2  

 
 
 

今回は、ゴミのポイ捨てのお話。

イモライガー、フランクフルトを食べながらの登場ですが、食べ終わったゴミをポイ捨てしてしまい、その悪い心がジャークを呼んでしまいます。 

そこに登場!イバライガーR!!

 

 

Sashima3  

 
 
 

久しぶりのイバライガー。

かっこよすぎて涙が出そうですよ。  つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

今回は時間が短いせいか、ピンチに陥ることなくジャークを撃退したイバライガーR。

その後、主題歌の振り付けをイバライガーRが教えてくれましたが、さすがにもう小さなお子さまではない子ども達は恥ずかしいようで、席に座ったまま小さく踊っていました。
子ども達が小さいうちにイバライガーがいてくれたら、間違いなく私も一緒に踊ってたんだけどなぁ。

 

最初のショーが終わった後、次のショーまで何しようね?という話をしていたら、なんとイバライガー&イモライガー、そしてジャークの方々が!

どうやらこのまま次の会場まで歩いて行くようです。

子ども達に囲まれているイバライガーR、あまり時間がなさそうなので、握手も遠慮して少し離れた所から眺めておりましたが、子ども達、いつの間にやらイバライガーさんとイモライガーさんからサインをいただいているじゃないですか!   Σ(;・∀・)

 

 

  すみませんっっっ!!!

  いや、ほんっっとーに
すみません!!!!!

 
 

確かにサインほしかったけどね。
でも、とっても時間がなさそうだったのに。
なんとも申し訳ございません!

しかし、この時いただいたイモライガーさんのサイン。
実は、イモライガーとしてのサインは初めてだったそうです。

そりゃあ、記念すべきお宝です!
大切にしますね。

そして、次の会場までイモライガーさんにぴったりとついて行く子ども達。
ストーカー行為も、迷惑にならない程度にしておくんだぞ。(←?)

 

 

Sashima4  

 
 
 
 

だんだん空も暗くなってきた頃、次の会場でのショーが始まりました。

最初のステージは、あまり小さなお子さまが集まってきていないように感じましたが、こちらでは最前列で小さなお子さま達が目をキラキラさせながら、ショーが始まるのを今か今かと待っていました。
イバライガーを呼ぶ声も、やはり小さなお子さまがいる方が元気いっぱいですから。
私も恥ずかしいのをこらえて、声だししていましたけどね。

一番前でも、はじっこの方なら小さなお子さまじゃなくても迷惑じゃないかな?と思い、一番はじっこに座っていましたが、スピーカーが真横にあったので、うるさいのなんの。
夫が体を張ってガードしていましたが、これなら後ろで立ち見の方がよかったかなぁ。

なにはともあれ、2回目のショー。

 

 

Sashima5  

 
 
 

内容は1回目と同じでしたが、違うのは子ども達の反応

ジャークが出てくると、怖がって逃げるちびっ子が続出です。

いやぁ、微笑ましいですねぇ。
うちの子ども達にもあんな頃が・・・・・・・・ なかったよ。

平気で最前列でヒーローショーを観てましたねぇ。
当時もあっちこっち頻繁に観に行っていたから、慣れていたのかもしれないけど。

イバライガーが活躍するシーンでは、隣にいらっしゃったお父さんが、「かっこいいなぁ・・・」とボソッとひとこと。

わかってるね!お父さん!!
さすがだよ、お父さん!!!

この家族が、リピーターになってくれるのを願わずにはいられません。

 
 

そしてショーを2回も堪能した後、グッズを買いに行きました。

もともとCDは買うつもりだったけど、今日はCDにサインしてくれないのかなぁ。
さっき色紙にサインしてもらったから、またお願いするのも図々しいし。

と思っていると、「グッズを買ってくださった方には、サインを書きます」とのこと。

 

 

買います!買います!!

買わせてもらいます!!!


というより、

ぜひ 買わせて下さい!!!!!

 
 

うわぁ〜い♪
またサインもらっちゃった♪
今日はお宝いっぱいだな〜。

「ポストカードも買ったら、またサインしてもらえるのかなぁ?」などと、これまた図々しいことをもそもそ話していると、それを聞いていたスタッフの方、「サインしますよ。」とおっしゃってくださいました。

 

買わせて下さい!お願いします!!!!!

 

長男にポストカードをひとつだけ買ってくるように言ったのに、ふたつも買ってきてしまいましたが、いいよ、いいよ。
なんたって、サイン入りなんだから。

 

 

盆踊りを踊る、イバライガーR。 ↓

 

Sashima6  

 
 
 

その後、若者達と写真撮影をしているイバライガーRを遠くからながめつつ、後ろ髪をひかれる思いで帰ることにしましたが、子ども達は「最後にまた握手してくる!」と、何度目かの握手を求めに行きました。

いいなぁ。
子どもの特権だよなぁ。
あんまりいい大人が、何度も何度も握手を求めるのもなんとも迷惑な話だし。
そりゃあ、2回ほど握手してもらったけどさ。(←それで十分なのでは!?)

終始、浮かれっぱなしの私ですが、駐車場までの暗い道のり、まわりに人がいないのをいいことに、次男と手をつないでスキップしちゃいました。
そのせいで、かなり疲れましたよ。
スキップがこんなに疲れるものだったなんて。
体力ないなぁ。

 
 

本当に夢のようなひとときを過ごさせていただきました
一晩たって、あれは本当に夢だったんじゃないかと思いましたが、夢ではない証拠に お宝の山が!

 

 
 

Sashima7  

 
 

今日、額を買ってこなくちゃ。

なんたって、家宝ですから!

 
 

んもう、昨日は大満足で、行った甲斐があったというものです。

 
 

  ただ・・・・・

 

  別れる時のあいさつが

  イバイバイ っていうのはどうかと思います。

 
 
 
 
 

イバライガーRさん、イモライガーさん、そしてスタッフの方々。
本当にありがとうございました。

ご迷惑でしょうが、また必ずお伺いさせていただきますね。

 

 

                    イヤだと言われても行きますよ〜。ふっふっふっふっふ。

  
  

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »