« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

イバライガーRに会える!シェーキーズキッズバイキング

昨日は、つくば市アイアイモール内ピザレストラン「シェーキーズ」の、「イバライガーRに会える!お子様限定ティータイムバイキング」に行ってきました♪

いったい、どんだけヒマなんだか。この家族。

 

それにしても、お子様限定・・・・・。

うちの子ども達・・・・・。
一応、お子様ですけどね・・・・・。

 
 

近頃、ショーにしても握手会にしても、ちょっときびしいお年頃になってきたので、お子様限定・・・・・う〜んsweat02

 

まだ小学生だからいいのかなぁ。

 

うん・・・・・。

いいよね・・・・・。うん。

 
 

と自分に言い聞かせつつ、迷ったあげく行くことにしました。

どのくらい混み合うかわからないけど、早めに行って整理券をいただかなくては!

 
 

前日から「明日ははりきってシェーキーズに行くぞ!」と思っていたにもかかわらず、んまぁ、うちの子ども達、出かける前にいろいろとやらかしてくれてですね・・・・・。

お説教なんかしていたら、結局時間がギリギリになっちゃいましたよ。

 

これで整理券がなくなってたら、またお説教タイムじゃ!

 

足早にシェーキーズに向かいましたが、喜んでいいのか悪いのか、定員にはかなり余裕がありました。
あぁ、よかった。

 
 

それにしても、また小さなお子さまばかりなのかなぁ。

 

・・・・・と心配していたのですが、「お子様限定」というわりには、大きなお友達のグループの方が多いじゃないですか!

 
 

なぁんだ。

大きなお友達でもいいんだ。
心配して損した。

 
 

というわけで、イバライガーR参上!

 
 

でも、やっぱりこのついたてがジャマ。↓

 

Iba0620_1  

 
 
 

ガラスの間からのぞくにしても、ついたての上から見るにしても、なんだか中途半端!
せっかくこんなに近くにいるのに!

 

ま、お店だからしょうがないんですけどね。

気を取り直してクイズ大会。
今日は、食べ物についてのクイズでした。

 

 

日本ではたくさんの食べ物が捨てられていること。

その一方で、飢えで苦しんでいる人がたくさんいること。

それなのに、日本の食糧自給率が40%しかないこと。

 

 

子ども達に日本の食糧のことを考えてもらうために作ったのでしょう。

小さい子には少々難しかったかもしれませんが、なかなか考えさせられる内容でした。
実は、来る前にお説教していたことにも少し関連してましたし。

 

ためになるクイズタイムの後、いったん退場。

そしてその後、ピザを食べながらイバライガーRと握手&撮影会です。

 

 

Iba0620_2  

 
 
 

            だ ・ か ・ ら!

 

 イバライガーの前に立つなって言っただろうが!!!

 

 
 

んもう、あれほど言ったのに、またイバライガーが半分見えないじゃないか!

 

握手はしてもらったものの、また写真がしくしくな展開でした。

 
 

それにしてもうちの子ども達。

実はイバライガーRより イモライガーの大ファン

 

とってもサービス精神旺盛な方ですからね。
昨日も、トイレにまでついて行こうとするストーカーのような子ども達にも優しく接してくださり、私もすっかりファンになっちゃいましたheart02

今までは、ただおもしろい人だなぁとしか思ってなかったんですけどね。

気が多いなぁ。私。 

 
 
 

今回、念願のイバライガーRのサインもいただきました♪
わが家の家宝にしなくては。

 

 

Iba0620_3  

 
 
 
 
 
 

そろそろ終了時刻が近づいてきました。

後方にイモライガーさんがいらっしゃったので、今日のお礼を述べてから帰ることにしましょう。

 

 

Iba0620_4  

 
 
 

イモライガーさん、これ全部食べるんでしょうか。

さすがにこれは・・・・・大丈夫なのか!?

 
 

今回、私と子ども達の中では、イモライガーさんの人気が急上昇!

子ども達はもともとイモライガーさんが好きでしたが、ますます好きになったようです。

実は、私も今回は、イモライガーさんとお話ししたりできたことが一番嬉しかったりして。

イモライガーさん、子ども達にはストーカー行為は極力控えるように言って聞かせますので、またどこかでお話しする機会があったら、「うわっ!またうるさいのが来た!」と思わずに、これまで通りよろしくお願いします♪

 

今日は、秋葉原で主題歌発売イベントがあるようですが、あいにくの雨模様。

秋葉原まではさすがにちょっと行くことはできませんが、スタッフの皆様、連日、大変でしょうが、がんばってくださいね!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

| | コメント (6)

ちょっと前の話ですが

新年度になってからというもの、環境が大きく変わり、トールのための時間が少なくなってしまいました。

少ない時間でなんとか・・・・・と思うも、筆から遠ざかり気味になる毎日・・・・・。
いかん、いかん!

 

こんなおたんこトールペインターですが、ありがたいことに依頼をいただいたりして、細々と活動しています。

 

今も、描かなければならないものを抱えていますが、脳内がイバライガーになっているため、まったく図案が浮かびませんsweat01
寝ても覚めても、イバライガーのことばかり。

 

んもう、この人妻を惑す、赤と白のニクイヤツ!

 
 

ま、要は私の集中力がないのがすべての原因なので、とりあえず今はイバライガーのことは忘れて、作品に集中せねば!

 
 

    「エ・キ・ス・ポ・ダイナモ〜♪ 感情ぱわ〜♪」

 
 

はっ。
つい口ずさんでしまった!

 

 
 

    「正義の〜心で〜 ジャークをたおせーーーー!!!!!

 

 
 

なぜか長男&次男も加わり、熱唱です。
いや、ジャークを倒してる場合じゃないですから。

 

と言いつつ、結局3人で大熱唱。

いや、だから「リタァァァァーーーーーーン!!!!!!」とか言ってる場合じゃないですから。

 
 

んもう!集中、集中!

 

 
 
 

    「・・・・・エキスポダイナモ〜感情ぱわ〜 せいぎの〜 」

 
 
 
 
 
 

                           ・・・・・以下、エンドレス。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちょっと前の話になりますが、5月31日に、オープンしたてのイオン土浦で、イバライガーRの握手&撮影会がありました。

もちろん行きましたよ。
イバライガーファンとして。

握手会には長蛇の列・・・・・というほどではありませんが、それなりに列が出来ていました。
しかし、子どもがみんな小さい・・・・・。

こんなでっかい子どもだけなのは、うちだけか?
う〜ん、なかなかこういう場もしんどくなってきたなぁ。

 

 

今回はショーはナシということで、地味に登場のイバライガーR。

 

ちびっこ達に優しく手を差し出しますが、

お母さんにも差し出してください!

 

 

Iba0531_1  

 
 
 

その都度、「私もお願いします。」と言うのは、かなり恥ずかしいです。(←だったら握手しなければいいのでは!?)

しかし、めげずに握手していただき、長男&次男と写真撮影。

 
 

Iba0531_2  

 
 
 
 

        子どもがでかすぎて、

  イバライガーが見えないじゃないか!!!

 
 
 
 
 
 

小さくないお子さまは、イバライガーの隣に立つようにしましょうね。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

| | コメント (0)

郷土工芸品展にて

近頃、ブログを書けばイバライガーのことばかり。

いつの間にここは イバライガーブログ になったのやら。

 

そんなイバライガーに恋する乙女(←?)、ぷいぷいです。
こんにちは。

 

昨日は、高速に乗って水戸市までえっちらおっちらと行ってきました。

それというのも、県庁にて行われる茨城県郷土工芸品展にて、イバライガーRショーがあるからです!

 
 

握手してもらえるのも嬉しいですが、やはりヒーローですから、アクションが見たいですよね。

 

バク転で登場のイバライガー。
めちゃめちゃかっこいいです♪

 
 

でも、このポールがジャマ。 ↓

 

Iba0613_1  

 
 
 

イモライガーがおばあちゃんからもらったという雪村(せっそん)うちわ。
茨城県の工芸品とのことで、イモライガーの宝物だそうです。

 

 

Iba0613_2  

 
 

雪村うちわの成り立ちを、これを作った雪村さんに直接教えていただくために、イバライガーが「イバイバル」(←過去の人物を呼び寄せる技・・・・・なのか!?)で雪村さんを500年前から呼び寄せました。

雪村さんは、日本の水墨画を完成させた雪舟のお弟子さんだそうです。

 

うちわの作り方の説明をした後、会場の中から1名が選ばれ、雪村さんから似顔絵を描いてもらいました。

 

 

Iba0613_3  

 
 

あっという間に、さらさらと描き上げてしまいました。

さすが雪村さん、お上手です。

 

 

今回、初めて観たダマクラカスン

 

Iba0613_4  

 
 

イモライガーの大切なうちわが取り上げられてしまいますが、イバライガー&イモライガーの活躍で今日も一件落着。 

 

ショーの後は、メロンなどがあたるイバライガーとのじゃんけん大会。

家族でチャレンジするも、全員敗退でした。    il||li _| ̄|○ il||li

 
 

Iba0613_5  

 
 
 
 
 
 

そうそう。
今回、IHP(イバラキヒーロープロジェクト)のしょうさんともお会いすることができました♪

ネットでお知り合いになった方と直接お会いするのは、やっぱりめちゃめちゃ恥ずかしいですねsweat01

少しお話することができて、とても嬉しかったです♪
とても素敵な方で、なんだかドキドキしちゃいました heart02

とっても緊張しまくっていたので、言っていることがかなり支離滅裂だったのでは・・・。sweat02
今思い出しても、汗がふきだしてきます。

 
 

午前と午後の2回ショーがありましたが、午前だけで帰るつもりが結局、午後のショーも見ちゃいました。
完全にハマってますね。

ただでさえ若いお母さんと小さい子どもの中で、やたらとでかい子どもと若い(つもりの)かーちゃんで、少々目立っているというのに、子ども達が付き合ってくれなくなったらどうしましょうねぇ。
大人だけでショーを観に行ったり、握手の列に並んでいるのもあやしいですし。

 

2度目のじゃんけん大会に敗退した後、突然夫が言いました。

 

 

       「あの後ろにいる人、モラクルだよ。」

 

 

 

ほへっ?

なんでそんなこと知ってるの!?

 

 

見ると、背筋の伸びた、立ち姿のとても美しい女性が立っていました。

確かにあの立ち姿はモラクルっぽいような気もするけど・・・・・。

 

 

 

    私   「なんでモラクルの中の人のこと知ってるの?」

 

 

    夫   「さっき、スタッフと親しそうに話してたし、

 

          あとは・・・・・  カ  ン かな。」

 

 

 

ただの カ ン かい!

でも、言われてみれば全身からモラクルオーラが出ているような・・・。

今回登場しなかったのに、わざわざ観に来たのかな?

 

 

あの女性が本当にモラクルかどうかはわかりませんが、スタッフの方々は、最初から最後までとても忙しそうでした。
2回ショーを観ただけでもかなり疲れたのに、スタッフは本当に大変だと思います。

そのお陰で私たちは楽しませていただけるのだから、本当に頭の下がる思いです。

 

少なくとも子ども達が付き合ってくれている間は、一家で応援していきたいと思うので、IHPの皆様、これからもがんばってください!

                  もしかしたら、子ども達が付き合ってくれなくなっても応援しているかも?

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

| | コメント (4)

日本自動車研究所 一般公開2009

先日、IHP(イバラキヒーロープロジェクト)のしょうさんから教えていただいた、日本自動車研究所の一般公開。

他に入っていた予定を早めに切り上げて、午後から行ってきました♪
本当はイベント関係は、朝いちばんで行った方が楽しいんですけどね。

 
 

自動車研究所の一般公開といえば、実車衝突実験

去年は出遅れたために、あまりよく見えない後方からの見学だったので、今回はなんとしても早めに行かなくては。

少し離れた実験場に行くため、巡回バスの停留所で並んでいると、次男が突然、「イバライガーだ!」と叫びました。

 

おぉっ!
向こうから歩いてくるのは、まさしくイバライガーR!!!

回りにはイバライガーTシャツを着たスタッフらしき方が数人いらっしゃいましたが、あの中にしょうさんが?

「しょうさんですか?」と聞いてみるのもこっ恥ずかしいので、とりあえずお約束の握手&撮影をしていただきました。
もちろん、私も握手してもらいましたよ。

んもう、あのクオリティの高さとウエストの締まり具合にメロメロです。
あまりこんなことばかり言っていると、私のこのエレガントマダムのイメージにヒビがはいりそうですが。

一度、「奥様限定イバライガーRとデートしよう!抽選で1名様ご招待」企画なんかやってくれないかな〜なんて思っている私は、イメージにヒビどころか、かなりあやしい人に成り下がっています。

 

 

Jari1

 

 

 

さて、イバライガーRに会っていい気分になった後は、実車衝突実験です。
今回は、3台の玉突き事故の設定です。

 

停車している一台の車。

 

Jari2

 

 

 

そこに車が突っこみます。

 

Jari3

 

 

 

そして更にもう1台が。

 

Jari4

 

 

 

エアバッグの焦げ臭い匂いが充満します。

突っこんだ車の前方は、前の車の下に入り込んでしまっています。

 

Jari5  

 

 

 

そして、事故の通報でかけつけたレスキュー隊による、生存者の救出。

 

Jari6

 

 

 

開かなくなってしまったドアを、器具を使ってこじあけます。

そして窓ガラスを切り、窓枠も切って屋根を外します。

 

Jari7

 

 

 

運転者は足が車にはさまっていて、救出は困難なよう。
やっとのことで救出された運転者は、救急車で運ばれて行きます。

 

Jari8

 

 

 

う〜ん、かなり本格的な救出実演でしたね〜。
救急車やレスキュー車、消防車もサイレンを鳴らしながらやって来ましたし。
なかなか迫力ある実演でした。

しかし、実演だから楽しく見学することができましたが、できることならこんな場面には一生遭遇したくないものです。

 

 

さて、次は二輪車のシャシダイナモ上走行の運転体験をしようと、最初にいた実験棟まで戻りました。

すると、なんとまたイバライガーRと会っちゃいましたshineshine
これぞ、運命の出会い!?

 

Jari9

 

 

 

そして、2回目の握手。
いったい何回握手してもらうつもりなんだか。

こんなに回りに人が少ない状況で、イバライガーRにお会いする機会もなかなかないのですが、私もこう見えてシャイなもんで、スタッフの方やイバライガーRに話しかけるなんて、とてもとてもできません。(←そのわりに握手はしてもらってる)

でもでも、心の中ではいつも応援してるんですよ。
いや、ほんとに。

 

イベントも終了時刻に近づいてきたので、慌てて運転体験の実験棟に向かいます。

「二輪車のシャシダイナモ上走行体験」とは、「走行方法による燃費の変化等の体験」とのことですが、要は、「なんとなく二輪車を運転しているような気分になれる体験」みたいな感じです。

去年、子ども達が体験しているのがとても楽しそうだったので、今回私も体験させていただきました。

 

Jari10

 

 

 

モニタに映し出されるグラフに沿ってスピードを上げたり下げたりするのですが、これがなかなか思ったより難しい。
一応、二輪免許は持ってるんだけどなぁ。

 

 

行ったのが午後からだったので、隅から隅まで満喫することはできませんでしたが、イバライガーRにも会えたことだし、とっても楽しむことができたので、やっぱり行ってよかったです♪

交通整理をしていたパンダの着ぐるみを着たスタッフが、最後までとてもハイテンションだったのが実は一番印象的だったかもしれません。
一生懸命子ども達に手を振ってくれて、とても嬉しかったです。

日本自動車研究所のスタッフの方々、IHPのスタッフの方々、そしてイバライガーRさん、どうもありがとうございました!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

| | コメント (6)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »