« 時空戦士イバライガーR 〈水郷フェスティバルにて〉 | トップページ | 日本自動車研究所 一般公開2009 »

つくばフェスティバル2009

この週末、つくばフェスティバル2009が催されました。

このつくばフェスティバルにて、なんとナダレンジャーイバライガーRのステージがあるのこと。
こりゃまたヒーロー三昧じゃないですか!(←?)

 

最初のヒーロー(?)は、Dr.ナダレンジャー

今回は出張ステージなため、皿回しもコンパクト。

 

 

Tsukufes1  

 
 

さらに、なだれもコンパクト。

 

 

Tsukufes2  

 
 

こんなにコンパクトでも、ちゃんとおたまじゃくし型のなだれができているところがスゴイです。

立ち上がってステージ前方に出てきてしまうお子さまがいたのが、ちょっと残念だったかな。
よい子は、ちゃんと席に座って観るようにしましょうね。

 
 

そして、お次のヒーロー、イバライガーR

 

 

Tsukufes3  

 
 

今回は、内容2本立て!

アクション盛りだくさんです。

モラクルも登場しました。

 

 

Tsukufes4  

 
 

初代モラクルとはかなりキャラが変わっていて、かっこよくなっていました。

今はかわいいだけの女の子より、強い女の子の方が人気なのでしょうね。

そしておなじみ、ミニライガーも登場!

 

 

Tsukufes5  

 
 

しかし、登場直後にケンカを始めてしまうミニライガー。

でも、すぐに仲直りしてイバライガー復活。
やはり、最後には正義は勝つんですよね。

その後、イバライガー&イモライガーさんと写真を撮らせていただきました♪
GWの時は、デジカメの電池がなくなってしまって、ケイタイでの撮影だったもんで。

 

 

Tsukufes6  

 
 
 

 

 

 

つくばフェスティバル、ステージだけではなく、工作などもさせていただきましたが、その中のひとつ、地質標本館のブースで作らせていただいた、開くと飛び出す火山のペーパークラフト

 

 

Tsukufes7  

 
 

こういったものがめちゃめちゃツボな、うちの子ども達。

このブースで、会場から4kmほど離れたところにある産総研内の地質標本館で9日土曜日のみ、なんとデスモスチルスのペーパークラフトがもらえるということを教えていただきました。

こりゃあいいことを聞いた。
帰りにちょっと行ってみよう。

な〜んて思っていたのに、ステージを観たりしていたら、地質標本館に到着したのは閉館目前。
もうペーパークラフトは残っていないかなぁ。

ダメモトで受付の方に聞いてみると、ギリギリOKとのこと。
あぁ、よかった。

もう終わり近くなので、スタッフの方々は片付けに入っていましたが、それでもていねいに作り方を教えてくださいました。
なんともありがたいことです。

 

 

Tsukufes8  

 
 

これが完成品。

どうみてもカバにしか見えません。

 

 

Tsukufes9  

 
 
 

結局作り終わったら、もう閉館の時間を過ぎていました。

スタッフの方々、どうもすみませんでしたsweat01
そして、どうもありがとうございました♪

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

|

« 時空戦士イバライガーR 〈水郷フェスティバルにて〉 | トップページ | 日本自動車研究所 一般公開2009 »

イバライガー」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

研究所」カテゴリの記事

コメント

つくば市にもかすみがうら市にも縁遠い大阪に住んでいる私ですが、ぷいぷいさんのおかげで(?)ご当地ヒーロー、楽しませていただいてます♪
イモライガーさん、メットを取るとそんな方だったんですか~。なんかちょっとイメージ違うなぁ~。

投稿: saori* | 2009/05/11 17:39

saori*ちゃん、こんばんは♪
イモライガーさん、ちょっとこわもて?かな?
でも、とてもいい方で、子ども達におなかをツンツン触らせてくれました♪
ガウラーCの動画も素人出演の割にはかっこよくできていたので、許可が出れば、このブログでも見られるかも?
ただ問題は・・・・・・・私だけ顔出しなんだよなぁsweat02

投稿: ぷいぷい | 2009/05/11 20:15

約一年前の2009年5月31日、土浦イオンの花火広場でイバライガーRと握手しました。

それまではただの保育園の先生でした。

初めての三歳児クラス。
ヒーローが大好きな子供達。

これは少しヒーローについてお勉強しなくては!…ということでイオンの広告に載っていた『イバライガーR』とやらに連絡してみました。

「大人でも握手してくれますかー??」


「もちろん!(以下大分省略)」

と、快いお返事。


そんなこんなで幼子たちの中に違和感無しでバッチリ混ざって(?)握手と写真をとってもらいました。

そこからがすべてのはじまり……イバライガーRを応援してあげようと決めました。


握手した手のあたたかさから優しさが伝わってきたから。

投稿: 崖の上のP | 2010/06/03 21:09

コメント、ありがとうございます。

今でもまだ、数歩進んだと思ったらまた後ろに戻って・・・といった感じで、この一年のことをよく思い返しています。
それでも毎日笑って過ごしているのだから、少しは前に進んでいるのかな?

最近、「日常なんて、そんなに楽しいことがあるわけじゃない」と言われました。

そうかもしれない。
この一年が特別だったのかも。

そんなに楽しいことがあるわけでもなく、でも、毎日それなりに過ごしているのが日常なんですよね。
早くこの生活に慣れなくちゃ、と思います。

イバライガーRは、ショーの時以外はしゃべらなかったけど、私がいつも他人に説明する時には、「スーツから子ども好きがにじみ出ているような感じ」と言っていました。
しゃべらなくたって、本当に子どもが好きなんだなと、いつも感じていました。

優しさと、強さと、そして熱い心を持ったイバライガーR。

私も子ども達も、ずっとずっとあの時のイバライガーRのファンです。
ずっと忘れません。

誰かに話したかったので、コメント、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

一人語りになってしまって、すみません。

投稿: ぷいぷい | 2010/06/03 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時空戦士イバライガーR 〈水郷フェスティバルにて〉 | トップページ | 日本自動車研究所 一般公開2009 »